• ホーム
  • 自分のPMSのリズムを把握しよう!症状が出たら意識の切り替えを!

自分のPMSのリズムを把握しよう!症状が出たら意識の切り替えを!

女性にとって生理が行われることは正常なことですが、一方で辛い症状が出ることで日常生活に支障が出る場合もあります。また仕事によっては経血に対しても対処しなければなりません。このようなことから、日頃から生理周期など自身のリズムを把握しておくことが大切です。生理周期を把握しておけば、生理時の不快症状を未然に防ぐことが出来ますし、スケジュール調整や妊娠を望む場合や避妊したいといったことの参考にすることができます。

生理周期を理解する方法としては、カレンダーに印を付けることでも簡単に行うことが可能です。一方で現代ではスマートフォンの登場によって生理周期を把握するためのアプリも提供されています。アプリは無料で利用することができ、簡単に情報を入力するだけで済みますし、カレンダーと違って他人に見られることもありません。アプリを使う目的は人によって異なりますが自身の生理のリズムを知るために使われるほか、妊娠や避妊の管理を行うためにも使われます。一方で生理は体調不良の原因になりますから、生理がやってくる日にちが分かれば事前にその症状を緩和させる対策をすることも可能です。病気に限らずさまざまなトラブルは未然に防ぐように対処する方が、身体に与えるダメージが少なく済み回復するまでの時間も短くて済みます。

またアプリを使うことで、体調が悪くなるPMSが出るタイミングも知ることが可能です。PMSは月経前症候群とも呼ばれるもので、生理前に起こる体調不調などを起こす症状の全般を指すものです。PMSの特徴としては月経前に現れ、月経時には緩和していることになります。ただし、その時だけたまたま不調になったというケースもありますから、婦人科ではこれらの不快症状が3か月以上続いて、日常生活にも差し支えるような状況にある場合に治療すべきPMSと判断されるものです。

もっともPMS自体も個人差があるもので、生理の3日前から10日前と幅があります。症状も身体的なものと精神的なものがあり、前者の場合には生理痛や頭痛といったものがあり、後者では理由もなくイライラしたりするケースなどです。月経が終わると緩和されるということは、生理が影響していることが考えられ、その原因としてホルモンバランスの変化が考えられています。明確な原因は人それぞれで異なりますが、引き金となるのがプロゲステロンの増加で、これは排卵後に増える黄体ホルモンのことです。黄体ホルモン自体は、女性が妊娠できるように身体を作り変えるもので、影響が大きいものです。このため体温上昇といったものが現れますが、不快症状として便秘がちになったり皮脂腺が活発に働くことでニキビができやすくなるといったマイナスの影響をもたらしてしまいます。

生理時そのものは避けて通れるものではありませんが、辛いものであるとそれが憂鬱の原因となりさらに悪化させるリスクがあるものです。このようなことから、PMSが起こるタイミングを知って対策をすることが健康を保つためにも必要なことになります。PMSのリズムはスマートフォンのアプリを使い生理周期を把握することでも知ることができるものです。またストレスそのものが悪化させる原因となりますから、あえて受け入れることも大事なことになります。生理期間中は仕方がないことと諦めてそれに対応した仕事などのスケジュール調整をすることで周囲に迷惑をかけなくて済むものですし、意識を切り替えることもできます。また症状を緩和させるために生活習慣を見直す努力をするさいにもアプリは有益な方法です。PMSはちょっとした生活習慣の見直しで症状を緩和させることができますし、それがどれだけ続くか期間を把握するだけでも気分を切り替えることができます。

関連記事
ピルを飲むことのデメリットやリスクについて知っておこう 2020年06月05日

ピルは、正しく使用すれば、優れた避妊効果を得ることができますし、また生理が原因によるPMSの症状緩和、肌のコンディションを整えるといったメリットがあります。しかし、このようなメリットがある一方でホルモンバランスが変化することによるデメリットやリスクもあるものです。このためデメリットやリスクを正しく理...

ピルを飲み忘れたときの対処方法を知っておこう! 2020年04月26日

低用量ピルは、基本的な使い方として毎日同じ時間帯に服用するというものです。これを21日または28日連続して、行うことになります。しかし、毎日のことでしかも同じ時間帯という他の薬と比べても厳密に服用しなければなりません。このためアプリなどで管理をするといったことも行われますが、それでも何らかの理由によ...

緊急避妊が必要な方はアフターピルのノルレボがオススメ 2020年01月24日

経口避妊薬と呼ばれるものには低用量ピルとアフターピルの2つがあります。前者は単なる経口避妊薬と呼ばれるもので後者は緊急避妊薬とも呼ばれます。違いは使用するタイミングで低用量ピルでは28日サイクルで毎日服用することで効果を発揮するのに対して、アフターピルでは性行為を行ったあとに服用することで妊娠を回避...

薬以外で生理痛を緩和する方法がある! 2020年02月29日

生理は女性にとっては避けては通れないものですが、生理時にはホルモンバランスが乱れることからさまざまな不快症状があらわれます。不快症状としては下腹部の鈍痛や頭痛といったものなどですが、実際は人によって異なり、また場合によってはまったく出ないこともあるものです。しかし、中には日常生活に支障を来すほどに重...

更年期障害の治療薬にはクリマラが効く! 2020年02月09日

経口避妊薬は基本的には女性ホルモンをコントロールすることで、避妊のほかにも月経困難症や子宮内膜症の治療に使われ、また女性らしい身体を作ることで肌のコンディションを整えることにも効果があります。一方で、女性の問題として更年期障害があり、これにもホルモンが影響しているものです。更年期障害は女性に見られる...