• ホーム
  • マーベロンはニキビやムダ毛を抑制してくれる低用量ピル

マーベロンはニキビやムダ毛を抑制してくれる低用量ピル

顔を抱える女性

低用量ピルそのものはトリキュラー以外にも複数存在しています。いずれも使い方は経口避妊薬としてですが、ホルモンバランスをコントロールするという目的はどの低用量ピルも変わりないものです。このため使用することにより避妊効果のほか女性ホルモンの安定によって、女性特有の月経困難症や子宮内膜症などを防ぐことができます。一方で女性ホルモンの乱れそのものは肌荒れやムダ毛に大きく影響していることも知られており、それらを改善する目的でも使用されるものです。例えばニキビは毛穴から分泌される皮脂が詰まることで起こりますが、皮脂を盛んに分泌させるホルモンが黄体ホルモンになります。ニキビ治療を何度も行っていても成果が出ないような場合には、低用量ピルを使用すればほとんどのケースで改善するものです。また卵胞ホルモンは女性化ホルモンとも呼ばれるもので、安定して身体に取り入れることで女性らしい身体を作ります。女性らしい身体というのは体毛が薄くなるためムダ毛も目立たなくなるものです。それに生理時に肌荒れが起こるのは、これらホルモンバランスの乱れが原因のひとつですから、低用量ピルを使用すれば乱れが原因による症状を改善することが出来ます。
それと、もともとある男性ホルモンの作用を抑制することでも女性らしさを作ることができるため、ムダ毛に悩んでいる場合にも低用量ピルを使用することで改善が可能で、永久脱毛をするよりも費用の負担や肌への負担が小さく済ませられるメリットがあるものです。

このような避妊を目的として使用する以外に使われる低用量ピルですが、マーベロンもその低用量ピルのひとつです。トリキュラーとの違いは含まれている成分が異なることです。主成分に黄体ホルモンはトリキュラーと同じエチニルエストラジオールが使われていますが、卵胞ホルモンにはデソゲストレルが使用されています。デソゲストレルが使用される理由としては血栓症のリスクが抑制されることです。それまで使用されてきたレボノルゲストレルは血中グルコース濃度や脂肪組成に影響を与えるため血液の粘度を高めてしまう作用があり、このようなことから糖尿病や高脂血症の人は使用できませんでしたが、そのような作用が抑えられています。これらに起因する副作用としては血栓症のほかにも偏頭痛や乳房の圧痛などがありましたが、それらが改善されているものです。このため第三世代の低用量ピルとされます。

マーベロンも避妊を目的として、処方されることがある低用量ピルです。一方で安全性の高さやそれまで糖尿病や高脂血症が理由で使用できなかった人にも使用できることから、避妊以外の目的にも使われています。ひとつは月経困難症や子宮内膜症の改善といった治療目的のほか、治りにくいニキビの治療に使われており、このほかムダ毛処理の負担を減らすためにも使われているものです。避妊を目的とする場合には毎日同じ時間に服用しなければなりませんが、避妊以外の効果の場合にはそれほど厳密に服用しなくても良いものです。このため男性ホルモンを抑えて女性らしい身体を作りたい場合にも使われますし、永久脱毛をするのには費用負担が大きいと感じる場合にもメリットがあります。永久脱毛といえば医療クリニックで受ければ全身脱毛であれば極めて高額になりますが、低用量ピルのマーベロンであれば、生涯を通じて使用しても少ない金額で薄毛にすることが可能です。それに肌のコンディションを整えることができるなど、女性にとっては嬉しい効果があります。もちろん副作用のリスクはありますが、正しく用法用量を守り、異常があってもすぐに対処すればそれほど怖いものではありません。

関連記事
ピルを飲むことのデメリットやリスクについて知っておこう 2020年06月05日

ピルは、正しく使用すれば、優れた避妊効果を得ることができますし、また生理が原因によるPMSの症状緩和、肌のコンディションを整えるといったメリットがあります。しかし、このようなメリットがある一方でホルモンバランスが変化することによるデメリットやリスクもあるものです。このためデメリットやリスクを正しく理...

ピルを飲み忘れたときの対処方法を知っておこう! 2020年04月26日

低用量ピルは、基本的な使い方として毎日同じ時間帯に服用するというものです。これを21日または28日連続して、行うことになります。しかし、毎日のことでしかも同じ時間帯という他の薬と比べても厳密に服用しなければなりません。このためアプリなどで管理をするといったことも行われますが、それでも何らかの理由によ...

緊急避妊が必要な方はアフターピルのノルレボがオススメ 2020年01月24日

経口避妊薬と呼ばれるものには低用量ピルとアフターピルの2つがあります。前者は単なる経口避妊薬と呼ばれるもので後者は緊急避妊薬とも呼ばれます。違いは使用するタイミングで低用量ピルでは28日サイクルで毎日服用することで効果を発揮するのに対して、アフターピルでは性行為を行ったあとに服用することで妊娠を回避...

自分のPMSのリズムを把握しよう!症状が出たら意識の切り替えを! 2020年03月29日

女性にとって生理が行われることは正常なことですが、一方で辛い症状が出ることで日常生活に支障が出る場合もあります。また仕事によっては経血に対しても対処しなければなりません。このようなことから、日頃から生理周期など自身のリズムを把握しておくことが大切です。生理周期を把握しておけば、生理時の不快症状を未然...

薬以外で生理痛を緩和する方法がある! 2020年02月29日

生理は女性にとっては避けては通れないものですが、生理時にはホルモンバランスが乱れることからさまざまな不快症状があらわれます。不快症状としては下腹部の鈍痛や頭痛といったものなどですが、実際は人によって異なり、また場合によってはまったく出ないこともあるものです。しかし、中には日常生活に支障を来すほどに重...